肌のハリが失われる原因

年を取るにしたがって、肌にハリやツヤがなくなり、シミやゾバカス、シワが増え、鏡を見るたびに、年を取ったなーと思わずため息を漏らしている女性は多いことでしょう。

ハリや弾力のある肌は、ピンと張った状態を保つことができますが、これは、表皮を支えている真皮層がしっかりとした土台を作っているためです。

この真皮層には、コラーゲンとエラスチンなどの繊維状のタンパク質が網目のように張り巡らされており、その上にある表皮を持ち上げています。

ところが、20代後半ともなると、コラーゲンとエラスチンの量が徐々に減少していくため、真皮層は表皮を支えられなくなっていき、結果的に、肌がたるんでしまうのです。

また、顔の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つで構成されていますが、この皮膚の下には筋肉があり、皮膚全体を支えております。このため、この筋肉も使わないと衰えていき、皮膚を支える力が弱まって皮膚をたるませてしまいます。

すなわち、肌のハリが失われるのは、真皮層と筋肉の衰えによるものなのです。

噂の【美容&コスメ】グッズで、美容の悩みを解消♪