筋トレで基礎代謝UPとダイエット

基礎代謝は、太りにくい身体作りをするうえで欠かせない要素です。基礎代謝とは何もしなくても自然に消費されるエネルギーで、一日に消費する全エネルギーの約70%を占めており、その内、40%は筋肉を維持するためのエネルギー消費に使われます。そして、この筋肉維持のためのエネルギー消費量は、筋肉の大きさに比例します。<br/><br/>
すなわち、基礎代謝量がアップすれば、自然に消費されるエネルギーが増えるため、結果的に太りにくくなるのです。<br/><br/>

そもそも、太るのは消費エネルギーよりも摂取エネルギーの方が大きいためで、余ったエネルギーは体内に蓄積されるため、例えば、7200キロカロリー蓄積されると体重が1kg増えることになります。

基礎代謝量が高いと、同じ量を食べても、蓄積されるエネルギーが少なくなるため太りにくいのです。

エネルギー消費量は筋肉の大きさに比例して増えていきますから、筋トレを行って筋肉を大きく成長させれば、この基礎代謝量がアップしますので、太りにくい身体を作りたいなら、速筋線維を効果的に鍛えることができるウェイトトレーニングが最適なのです。

さらに、筋トレを行うと有酸素運動の効果もアップします。有酸素運動と言えばダイエットの代名詞と言っても過言ではないでしょう。

筋トレは基礎代謝アップして太りにくい体を作ることが目的ですが、有酸素運動は直接エネルギーを消費することが目的です。

そして、この有酸素運動の消費カロリーは、筋肉量に比例して大きくなりますので、筋トレで基礎代謝をアップさせれば、同時に有酸素運動時のカロリー消費も大きくなるのです。筋トレは正に一石二鳥なのです。

筋トレ・フィットネスで【メタボ対策・ダイエット】