タマネギの健康効果

タマネギは季節を問わず、年中、スーパーなどで購入できる馴染みの深い、非常に身近な食材です。

このタマネギには、血液をサラサラにする作用があることから、脂質異常症や高血圧症などの生活習慣の予防に効果があるとして、特に中高年層が積極的に摂取している食材でもあります。

タマネギには、生活習慣病予防だけでなく、滋養強壮や精力増強にも効果が期待できる栄養成分が含まれておりますので、精力アップをしたいという人は積極的に取り入れたい食材なのです。

タマネギの有効成分は硫化アリルで、別名、アリシンといいます。これは、タマネギだけでなく、ニンニクなどのユリ科植物に含まれている成分です。

タマネギを切る時、目が染みて痛くなることがありますが、これは、硫化アリシンが揮発して目にその成分が入ることで発生する刺激です。

例えば、ニンニクを生で食べると、非常に強い辛味を感じることがありますが、これも、硫化アリルによりものです。

硫化アリルはビタミンB1と結合することによって、アリチアミンという物質を作る材料になります。

アリチアミンは、血液中で長時間維持される物質で、ビタミンB1が単独で働くよりもかなり高い疲労回復効果が得られます。

この作用によって、精力維持に必要なスタミナが得られたり、精力を回復する効果が 期待できたりします。

また、タマネギには苦味成分のケルセチンが含まれていますが、抗酸化作用をもっておりポリフェノールの1種です。

ポリフェノールは若返りに必要不可欠な働きをし、筋肉や臓器、血管などの老化を遅らせる効果があります。

加齢に伴って、勃起力が衰えるのは、血管がぜい弱になって、勃起に必要な力強い血流を生み出せないことにありますから、タマネギのケルセチンによって血管の若返りを図れば、精力増強効果が期待できます。

ただし、タマネギは水にさらしてしまうと、辛味を抑えることは出来ますが、精力増強に欠かせない栄養成分を少なくしてしまいますので、水にさらす時間は最小限に抑えましょう。

バリテイン